スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

ダリンからのバトンタッチ

►2010/10/16 14:52 

ダリン君から幸せバトンを受け取った

こなん君。
101014  誕生日 012 バトン? それ、おいしいですか?
ダリンの闘病生活の傍らには
車椅子がありました。

毎日同じ景色を眺め、寝たきりだった生活
この先、どうなるのだろうかという
不安のかなか
車椅子に出会ったことで
闘病生活に、光が注ぎました。

初めて、車椅子にに乗せた瞬間
ダッシュした姿は今でも、忘れられません。

ダリンの後ろを、楽しそうに
チョコチョコ付いて回っていた、ぼけ君。
また、ダリン&ぼけの
お散歩姿が見れて
我が家に笑顔が戻りました。


[広告 ] VPS



[広告 ] VPS


毎日、散歩しながら
本当にこの子は病気なのだろうか?
余命1年余りは、違うんじゃないだろうか?

車椅子に出会ったことで
病気である現実を忘れさせてくれるくらい
日々、活き活きしていった
ダリン君。

車椅子は、残り少ない余生に
幸せを運んできてくれまたことは、確かです。

毎日が、とても幸せで
ダリンの闘病生活は、車椅子無しでは
語れないほど、大きな存在です。

ダリンの旅立ちの後
ポツンと残された、車椅子。
お役目を果たした後は
ダリンのように幸せになってもらおう
闘病生活に、光を注いでもらおうと
必要な子がいれば、お譲りしようと決めていました。

なかなか手放すことができなかったけど
決心が付いた時
希望者さんが現れたのです。

その瞬間決めたことが

車椅子をお譲りした、お金で
里親になろうと決めたのでした。

車椅子が遠く宮崎県に行き
新たに、家族として仲間入りした
こなん君。

話しは長くなりましたが、
ダリン君が旅立ったあと来たので
こなんは、ダリン君のこと知りません。
もちろん、車椅子も

でも、こなんの中で
ダリンは生きています。
こなんが幸せになることで
私達に愛されることで
ダリンの魂も、生きてます。

単なる、人間のエゴかもしれませんが
こう思うことで、
私自身、凄く救われています。



こなん君
分ったかな?
ダリン君も、大切な大切な
家族なんだよ。

ダリン君からの幸せバトン貰ったんだよ。

ダリン兄ちゃんに、感謝しようね。

100831  こなん 012 わかったです。 ありがとです


にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

スポンサーサイト

テーマ : 犬猫のいる生活 - ジャンル : ペット

こなん&ダリンComment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。